自分がしたい事をしたいように出来たら、それで人はある程度は満足するだろう。
例え金銭的な自由があっても、このことが障がい者には出来なかったりする。

それが出来る健常者はそれでは満足できず、更なる事を望むのだろう。

この更なる事を望むことが、私には恐怖ですらある。

自分を忘れるほど没頭したいことがあっても、精神的な病気が再発するのではという恐れから、それを実行出来ずにいる。
どうしても、このような逃げ腰の姿勢になってしまう。

とりあえずは、自分の思考力が改善する事で満足しよう。

やはり、障がいが私を小さくしている。