精神疾患を患えば、もう学問は出来ないと人は考えがちです。

ところが、ジョンナッシュと言う数学者をご存じでしょうか?彼は精神を患ってからも業績は残せています。このように精神を患っても業績は残せるのです。

この事実が私の生き甲斐でした。

去年、不慮の事故で彼はこの世を去ってしまいましたが、精神疾患を患えば学問が出来ないという常識を、彼は見事に覆してくれました。

今は思う様に文章が書けないという認知機能障がいを抱えた精神疾患者もいるに違いないです。(かつての私もそうでした。)

けれど、それは一時的なものに過ぎません。

私は「時が来れば解決する」という信念で認知機能障がいを乗り切りました。

医学的なことはわかりませんが、時間が解決する、そのような軽い気持ちでいれば、認知機能障がいは乗り切れるかも知れません。