不安は形のないものだ。
だからこそ、どうしようもなくなる。
形があればそれを壊せば納得もいくが、形がなければそれは出来ない。

私は一時期形のないものを追い求めていた。
それで、ないものを本当にないと悟ったとき、堪え切れなくなった。

精神疾患の根本的なものはこのような形のない不安なのかも知れない。
けれど、それを癒す術を知っていれば、病気にならないと私は思っている。
それを癒す術とは、不安について徹底的に考えることだ。
すると、目的物が見つかる。
これをどうにかなくせば、不安はなくなる。

精神疾患にとって、形のないものにある種の形(目的物)を見出そうと努力する事が必要なのかも知れない。