スタッフのTです。

みらいへくらぶの検査などを担当している中島先生によると、今の若い人は認知症になりやすいみたいです。
それは、便利になりすぎたからだそうです。

その話を聞いていて思いました。
まだ私が携帯電話を持っていなかったころ、わからない単語を無理やり思い出そうしていた、あのなんとも言えない感覚が最近はなくなったなという事です。
今は手元の携帯があればすぐにわかります。
このようにすぐに情報を得られるので考える必要がないのです。

デカルトも言っていますが、「考える故に我あり」なのです。
そう考えると、今の若い人は我がなくなってきているという事です。
我がなくなったことと認知症の因果関係は私にはわかりませんが、きっと無関係ではないでしょう。

今回の文章は引用が多く、あまり自分の頭で考えてはいません。
自分の将来が認知症にならないか不安です。