人間はどんなことでも長く続けていくと好きになる性質を持っている、と岡潔は言っています。
アインシュタインも「私は天才ではありません。ただ人より長く一つの事柄に付き合っていただけです」とも言っています。
だからアインシュタインは物理学が好きになったのでしょう。

なかなか、物事を長く続けていくことは出来ません。
ほとんどの人は、好きになる前に「飽き」が来てしまうのです。
私はその事実に気が付いてから、出来なくても続けてみようと前向きに考えるようになりました。
かれこれ、私は10年くらいは続けている事があります。
一時は断念したもののやはり好きだから、今でも暇を見つけてはそれをしています。
どのような結果としてそれが実を結ぶかは誰も知る由はありませんが、良かれ悪しかれ何らかの結果になるだろうと思っています。