交感神経と副交感神経と言うのをよく耳にします。
これは、何なのでしょうか。
交感神経とは緊張による汗が出る症状と関連しています。
副交感神経は緊張が解けた時のリラックスした状態と関連しています。
この交感神経と副交感神経はいろいろな病気と関連しています。

まずはレビー小体型認知症です。
これは交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによりなるとされています。

そして、自律神経失調症も同様の理由で起きます。
この病気は精神障がいや身体表現性障害の原疾患とされています。

ではどのようにすれば、交感神経と副交感神経を整えることが出来るのでしょうか。
様々な病気の原因がこのバランスの乱れなので、それを知っておくことは大切でしょう。
交感神経と副交感神経は自律神経というものに含まれますからこれを、整える方法を紹介します。

深呼吸は自律神経を整える効果があるそうです。
これは簡単に出来るので緊張した時に深呼吸をしてみるのもいいでしょう。
けれど、簡単に自律神経は整うものでもありません。
日々、深呼吸をする癖をつけておくのもいいかも知れません。