普通、人は障がい者に対する配慮と言うと、過剰な配慮を想像するのでしょう。
それは、恐らくは障がい者の方も望んではいません。

もうすぐ、合理的配慮が行政機関では必須、
民間企業でも努力義務となります。
ですが、最初は分からず、過剰な配慮をしてしまうかも知れません。

過剰な配慮を嫌がる障がい者の方も中にはいます。
そもそも、それは「合理的な」配慮ではありません。

障がいによっても配慮の仕方が異なるなど難しいことも多くあります。
ですが、これまでしていなかった配慮を最小限する。
結局はそれで合理的は配慮となることでしょう。