スタッフのTです。

小学生の頃、私は何か一つでも他の人に負けないようにしようと数学に熱中していました。
小学校を卒業するころには中学生の数学が終わっていて、中学生の頃には高校の数学が終わっていました。
そこまでして数学に熱中した理由は、私が足に障がいがあったからです。

他の人に負けない要素が欲しかったのです。
けれど、実際はどうであったのかと言うと、小学生に中学の数学のは話しても理解できる訳がなく、
中学生に高校の数学を話しても理解できず、結局は自己満足に終わっていたのです。

けれど、それでもよかったのです。
結局は楽しかったのですから。

振り返ってみると、それは見栄だったのかも知れません。
障がいを他の事で隠そうとしていたのです。

今も独学で数学をしています。
けれど、それは見栄ではなく、単純に好きだからです。

当初の目的と数学をしている理由は違いますが、ただ自分の知的探求心の為にする数学は、
見栄を張って数学をしていた頃と比べると断然、面白いです。

恐らく、当初の私のように障がいの為に、他の人に勝てるものが欲しくて、何かに熱中をしている人もいるでしょう。
けれど、考えを変えるとまた違った楽しさを味わえるかも知れません。