外部からのストレスは関係を絶つことで取り除くことが出来ます。
一方、内部からのストレスは、自分では取り除く事は出来ません。
内部からのストレスとはいったいどのようなものなのでしょうか。

挙げられるのは、噛み合わせです。
歯がなかったり、インプラントや入れ歯での噛み合わせが正しくなっていないと、
それが、内部ストレスとなり、脳に蓄積されていきます。

これがどのような病気を引き起こすのかと言いますと、認知症です。

この場合の認知症は、事前に防ぐことが出来ます。
噛み合わせがきちんと出来るように歯を矯正すればいいからです。
けれど、実際はこの事により認知症となった方も多くいる事と思います。

みらいへくらぶの検査を担当している中島幸一先生は本職が歯科医のため、
これらの認知症を予防する点で、優れています。

噛み合わせと認知症の記事を見る事は度々あります。
今後、これらの事に焦点を当てられる事になるかも知れません。