医療、環境の進歩に伴い、精神障がいがあっても社会に出やすくなってきているように思います。
ですが、その進歩とは裏腹に個人の考えは、何十年も変わっていないようにも思えます。

その為、企業に精神障がいのあるからが入社をする事が出来ても、
した後が苦労するのかも知れません。

精神障がい者の方は見かけでは分からない人もいます。
ですので、どうしても配慮が不足してしまいがちです。

このように考えると精神障がい者の合理的配慮は難しいのかも知れません。

仕事をこなせても実際は精神的な障がいになっているという事も考えられるので、
精神障がい者の方には、仕事の量や質を考えて、与えるという必要があるように思います。

明日から障害者差別解消法が施行されます。
それに向け、各障がいの対応の仕方を考える事が大切でしょう。