一億総活躍社会が障がい者の雇用にどのような影響を与えるのでしょうか。
国内の障がいのある方は、800万に近くいます。
ですから、一億総活躍というからには、やはり障がい者の雇用を促進をするに越したことはありません。

保育園の待機児童のほか、一億総活躍社会に向けてすべきことは多くありますが、
その多くあるうちの一つに障がい者の課題もあるのです。