最近、精神障がい者の鉄道の割引の事が問題となっています。
今のところ、三割の鉄道機関でしか割引となっていないという事です。

その背景には一般の人の精神障がいに関する認識の薄さを感じます。
この薄さは、精神障がい者の雇用率の低さからも分かります。

いったん精神の状態がよくなると、一般の人とあまり変わらず、精神の状態が安定をしない時は鉄道を利用できる状態にない。という事も割引の対象になりにくいことと関係がしているのでしょう。

障害者差別解消法によりそのような事が緩和されるでしょう。