ブラジルで絵文字を擬音に直すことで絵文字の意味を表そうとしている取り組みがあると言います。

このような取り組み、つまり障がいのある人にとって分かりやすくする取り組みは、考える事で多く見つかるように思いますごが

それを実行をするのにはそれなりの覚悟がいりますし、何より障がいのある方に耳を傾けなくては、何に困っているのかを知ることも出来ないでしょう。

当協会のあんしん生活でもアプリの開発などを行っています。このような取り組みが障がいのある方にとって利用をしやすいものになるのかも知れません。