お悔やみ申し上げます。

地震の余震はいまだに続いています。
心理面のケアの必要性を感じます。

宮城県で心理面のケアをしていた医療グループが、熊本でも活躍をしているといいます。
どのような事に不安を感じているのかもこのようなグループは知っている事でしょう。

地震がまた来るであろう心配もあると思います。
その他多くの心配事がある事が想像できます。

これらの心配事が少しでも早く癒える事を望んでいます。