幸田露伴は努力をしていると意識をしないで努力をする事を勧めています。
目の前に多くの仕事があった時、人はさあ頑張ろうと努力をします。
この努力を否定しているのでしょう。

まだこの本は最初のところしか読んでいないのですが、
恐らくはこのような努力を言っているのでしょう。
何か目標があったとします。
すると自然に体が動きます。
この時は努力をしようとはしていないでしょう。
傍かた見れば確かにそれは努力です。

このような努力の大切さを幸田露伴は示唆しているのでしょう。