どのような時に合理的配慮をすればいいのかと疑問に思っている人のいるでしょう。
知らない人は、障がい者の方を見かけた時にいつでも合理的配慮をしなくてはならないと思っているかも知れません。
ですが、そうではありません。

合理的配慮をする時は、障がい者から助けの表明があった時です。
ここは気を遣う必要があります。
なぜなら、ある程度の事は自分でしたいと思っている障がい者の方もいるからです。

そうは言っても、合理的配慮をいつでも出来る体制は作っておかなくてはなりません。
そのように構えておかなくては実際に合理的配慮をする時に戸惑うでしょう。

後は少しの優しさがあれば、合理的配慮も出来るはずです。