人にとって視覚は感覚の九割を占めます。
視覚が重要な事は、紀元前にも言われていますした。
アリストテレスの「形而上学」にそのことが書かれています。

この視覚がないという事を理解するには、当事者にしか分かりません。

そのことを理解する取り組みに最適な方法として、
ダイアログ・イン・ザ・ダークという事があります。
これは「暗闇の研修」とも言われています。
暗闇の仕事場で仕事をするという取り組みです。

このような取り組みは、他の障がいについても実施する事で、
障がいを理解するという事に繋がります。

障がいには、視覚障がいの他にも多くの障がいがあります。
精神障がい、発達障がいについてもそうです。
これらの障がいについては、実際にその身になってみる事が出来ないので、
このような取り組みは出来ませんが、
その場合には、その人に身になって真摯に考える事が大切になってきます。

ダイアログ・イン・ザ・ダークのような取り組みが広まれば、
障がいのある人にとっても、仕事においてする事が難しいことを、
他の人が理解しやすくなるでしょう。