スタッフのTです。

私のカバンの中には常に小説が入っています。
今は、筑摩書房から出ている中島敦の全集が入っています。

読書のメリットは何でしょうか。
多くの人が知識が増える事をメリットに挙げるのでしょうが、
私はそのことよりも感受性が豊かになる事の方が、
大切だと思っています。

人と楽しく話をする場合、知識というのはあまり役には立ちません。
その知識を知っている人とは話が合うでしょうが、
その知識がない人からすれば、きちんとした会話にはなりません。

一方、感受性は話題にはなりませんが、
人を楽しませるにはこの感受性の方が、
知識よりも効果的です。

では、どのようにすれば、知識ではなく感受性を伸ばす読み方になるのでしょうか。
それは、書いた人の気持ちになって読書をする事だと私は思います。

何より書いた人の気持ちになる事で、自分の知らない世界を知ることが出来ます。

なにより読書は、
精神を患い苦しんでいたこと、
嫌だったこと、
を忘れる事が出来ます。

そのことも読書のメリットでしょう。