笑顔最近よく耳にするのは会社の面接に親が付いて行くらしい。

友達親子も良く耳にする。

仲が良いのが悪いと言うのではないけれど・・・・

何故か釈然としないのは私だけかな??

グループ会社に脳性マヒの方が勤務されていた。

関東から一人暮らしがしたいと両親を説得して九州福岡へと移り住んで来ていた。

ご両親はどれほど心配されたことだろうと思う。

健常者でさえ・・遠い所に住まわせるとなると親は心配する。

けれど・・その方はいつか親が先に死んでしまう。

だからその前に自分自身が自立したい思ったので九州に来ましたと彼は話してくれた。

ご飯作りも掃除も洗濯もすべて自分自身でこなしていた。

出来る事は分かっているから出来ないことを素直に人の手助けを頼むことにしていると・・・・。

だからだろうか・・彼の傍には絶えず人が集まり楽しい笑いに包まれていた。

勿論仕事も熱心にしていた。休日でさえ休みたくないと話していたほど。

そんな彼は・・先日くも膜下出血で亡くなってしまった。

結局、ご両親より先に。爽やかな笑顔を残して。

”ありのまま”の自分を受け入れありのままに生きて行く。難しくないようで難しい。

親が先に死んでいくとは限らないけれど親が死んだ時一人で生きて行くだけの力を付けさせて

やることが親の責任のような気がする。

本当の子育てが終わるのは孫が一人前になることが出来た時だと聞いたことがある。

親の教えを子供が受け継ぎ孫に伝え、そして一人前になる。長い年月。

孫が一人前になるときには・・見ることが出来ないかも知れないけれど,前述の彼の様に

精一杯生きようとしている人は無条件に応援したい。