通勤する時に感じることがある。

登りのエスカレーターはあるけれど下りのエスカレーターがないこと。

毎朝、お会いする盲人の方がいる。

毎朝同じ電車で一緒になるけれど、降りる時に階段を使って降りられるのでゆっくりゆっくり
降りて行かれる。

yjimage (1)
周りも用心してぶつからないように多少気を使って降りて行くのが分かる。

何故ならもしぶつかって倒れたら雪崩のようにみんなが転んで非常に危ないから。

よく登山でも登りは良いけれど下りが非常に危ないので注意が必要だと言われている。

なのに・・・公共施設のなのに下りのエスカレーターが無い所が多い。

膝が悪い年配の方、小さいお子さん連れ、妊婦さん・・・・etc
障がい者だけが危ないのではない。

使用する方みんなが危ないのだけれど無い所が多いのが現状なのです。