人の心って様々ですね。
思ってもみなかった反応が返ってきてびっくりすることがあります。

真意を真逆に取られ・・相手を怒らせてしまったり、失望させたり。
反対に相手の言葉で傷ついたり悲しんだり。

本当の事が計り兼ねて思い悩んだり・・・。

でも、悩むことって決して悪いことでは無いような気がしています。
それだけ繊細な証拠。

悲しんだり怒ったり落ち込んだり・・することで、人間としてのふり幅が大きくなるような気がするのです。

yjimage.jpg97

仕事柄精神疾患の方とよく話します。
でも、思うのは他の方と違ってすごく繊細。
そこまで考えていたら病気になってしまうよと思うけれど・・
だから・・・この事業所に来たんだと改めて思う。

相手に対して気を使い過ぎてしまうのは根底には嫌われたくないという思いがあるかだろうか。
人は一人では生きて行けない。

白い壁しかない部屋に閉じ込めてしまうと人間は誰でも神経がおかしくなってしまうらしい。
だからと言って本心を隠したまま・・本音・・を隠し通して生きてもやはり辛すぎるような気がする。

自分を解放すると・・相手も心を解放してくれる。
自分が心から楽しいと思えたら相手も楽しい。

素直な心をぶつけたら相手も素直な心をぶつけてくれる。
鎧はつけなくて良い
もし・・相手が発した言葉で心が傷ついたなら相手も深い傷を負っているのかもしれないと思うと、
相手にも優しく出来るし自分も傷つかなくて良いと思う。