障がい者の方の持っている能力を、引き出し、伸ばすことが、本当の障がい者自立支援ではないかと思う。

殆どの企業やA型事業所に勤務している障がい者の方の仕事は、雑用みたいなものが多いと聞く。

最近は、障がい者の雇用が増えたと行政の担当者は喜んでいた。
法律で雇用が義務付けられたので雇用は増えているが、雑用で障がい者の方は満足しているのだろうかと疑問に思う。

障がい者の方がやりたい仕事を、その能力を伸ばして、遣り甲斐を持ってもらう仕事を提供すべきだと思う。

そうすれば、賃金は安くても遣り甲斐があれば毎日が楽しい筈だ。そして、賃金も上がればさらに嬉しい筈だ。

障自協グループは、そういう障がい者自立支援をしたいと思っている。