病気にならなかったら今の自分はどうなっていたのだろうと、考えることがある。

もちろんそれは空想に過ぎず、無駄なことだとは分かっている。

それでも考えずにはいられなかったのだ。

その自分と本当の自分とを比べて、うんざりしたりしていた。

けれど、最近はそのような空想に耽る時間は少なくなった。

病前とは行かずとも、それなりに病気が回復したからだ。

その空想に耽る時間がなくなったときが、私の病気が完治したときなのだろう。