私は生まれたときは健常者だったのだ。

それが、小学生のころに足が悪くなった。

以前は健常者だったので、私には健常者としての自覚がある。

その健常者としての灯火は消えそうになることはあっても、

今までに一度たりとも消えたことはない。

だから今でも、健常者として働く日を夢見る。

身体障害者でも健常者として働ける場所、それは頭を使う仕事だ。

だから、私はそのような仕事に就こうと努力をしていた。

けれど、二度目の悲劇が私を襲った。

精神的な病気になってしまったのだ。

精神的な病気が落ち着いたとき、私は人生が終わったと感じた。

けれど、今では再び大学を目指せるまでに精神的な病気は回復している。

人生は捨てたものではないのだ。