トルストイの「光あるうち光の中を歩め」という本を読み、幸福とは何かを考えてみた。

この本によると、最初に幸福を味わうとする。

とすると、次に幸福を感じるためには、それ以上の幸福でないと幸福とは感じないのだそうだ。

まったく持ってそのとおりである。

私の二年前の目標は、小説を読めるようにすることだった。

けれど、読めるようになったら、それでは満足がいかなくなり、

それを味わえなくては幸福とは感じなくなった。

今は小説を味わうことが出来る。

けれど、もうそれでは満足が出来ない。

今の目標は小説を書くことが目標だ。

この目標が達成できたら、質の高い小説を書きたいなどと思うのだろう。

このように幸福を求めようとすれば切がない。

けれど、このような幸福は構わないと思う。

なぜなら、お金が余りかからないからだ。

けれど、今日はこのような幸福よりも、お金がかかる幸福を求めるきらいがある。

それがいけないとは、私は思わない。

けれど、それも私の小説に求める幸福と同じく切がないということを、忘れないようにしてほしい。