私は、最近、新潮文庫から出ている、数学のシリーズの本を読んでいる。

それは難解な本ではなく、高校卒業程度の学力があれば、読める内容になっている。

私はその本で、初めてケプラー予想という数学の予想を知った。

何でも、400年間もの間、解かれなかった難問だそうだ。

そのような難問がどのような道を辿り、解決したのかを知ることが出来る。

数学アレルギーの人でも、おそらく、分かりやすいように噛み砕いて書いてあるので、お勧めだ。