私は小学生の頃は体力がなかった。

そんな私を心配したのか、両親は中学ではスポーツ系の部活に入ったほうが良いと言った。

ちょうどその頃、友達からテニス部に入らないかと勧誘されていた。

私はテニスには興味がなかったが、親から言われたことと、その友達への勧誘が断れなかったこととで、そこへの入部を決めた。

それが、どたばたで決めたことで、私はラケットをもちろん持っていなかった。

部活が始まるのが、三日後だったので私はどうしようと悩んでいた。

結局、私はラケットを持っていかずに、最初の部活に行った。

そこには私と同じようにラケットを持っていない人が大勢いて、少し安堵した。

そんなこんなで、私の三年間続く部活生活がスタートした。

テニスを続けるうちに、体力は付いてきた。

それは自分でも実感できた。

私は今、6時間勤務で仕事をしている。

これに負担を感じないのは、中学のとき部活をしていたからだろう。

テニスが私にどんな影響を与えたのかと考えたこともあったが、十分、役に立っているのだ。