みらいへくらぶでは、認知症予防の会員募集を推薦しています。

認知症は他人事ではありません。日本ではこれから高齢化が進む事が目に見えています。それに伴い、2025年には認知症患者は725万人になるというデータもあります。そうなると、社会問題にまで発展する事は目に見えています、更に、2025年に認知症予備軍は584万人になると予想されます。つまりは、1309万人が認知症もしくは認知症予備軍となると予想されるのです。

みらいへくらぶは少しでも認知症患者を早期に発見しようと言う思いで、セミナーや講演会を行っています。そのことで社会問題を軽減できるのならば、それこそ私たちの希望するところです。ぜひセミナーにご参加ください。

詳しくは、みらいへくらぶのホームページ
http://shogaisha.org/anshindenwa_service
を参照下さい。