みらいへくらぶの事業に携わり、認知症に関する知識も増えてきました。
認知症の患者さんだけでなく、その人を介護する人にも目を向けなくてはいけないという問題も見えてきました。
昨日のニュースで認知症の患者さんを介護していて、その苦で心中を図ろうとした人の記事がありました。
このままの日本の状態では、ますます認知症患者は増えて行きます。
少子高齢化も進むでしょうから、介護できない認知症患者も出てくる事になりかねません。
出来る事は、自分が認知症にならないようにすることです。

みらいくらぶでは、認知症予防のセミナーや検査を行っています。 みらいへくらぶについては下記を参照下さい。
http://shogaisha.org/miraieclub