ダウンロード最近、知的障害者の方が書いた電車の絵が話題を呼んでいます。
これを話題にする時、普通はどうしても「知的障害者が書いた」、という事に重点を置いてしまいます。
そうでなくて、「出来た作品の完成度」に重点を置く事が重要です。
私は知的障害ということより、完成度の高さに圧倒されました。

障害者、障害者と騒ぎ立てるのではなく、絵そのものを評価する。
そのような風潮になると、障害者の方も自分を本当の意味で評価された、と思うのではないでしょうか?